古銭買取とは?いろいろ調べました

表題画像

古銭買取.net|見逃すな!どこよりも満足できる!業者ランキング TOP

古銭買取で満足したいなら

古銭買取というのはあまり聞いたことがありませんでした。当初、我が家の物置には長らく使わなくなったものがそのまま放置されたままでした。一度は整理したほうがいいかもしれないということで夫と一緒に片付けていたところ、見たことも無いようなものが色々出てきたんです。その中から、生前、祖父が持っていた古銭がでてきました。古いお菓子の缶箱に入っていて、数えてみると500枚ほどの古銭があったんです。缶箱を持ったときに結構重たかったので、500枚も入っていたことに納得しました。

これをこのまま持っていても宝の持ち腐れです。かといって古銭に関してまったく知識がないので、専門家がいる古銭買取を利用したほうがいいのではないか、と考えたのです。そこで、さっそくパソコンで古銭買取について色々調べてみることにしました。驚いたことに、古銭買取専門の業者はいくつもあり、この中からどこがいいのか随分比較しました。

その中から、ここなら信頼できるという業者をいくつかピックアップしてご紹介します。ここでご紹介する業者は、実績が豊富であること、古銭の鑑定士が在籍していること、利用客の信頼度が高いことなどを比較してピックアップした納得のいく業者ばかりです。

そういえば家にしまったままの古銭があるけれど処分に困っている、という方は、是非、各業者の特長やお勧めポイントを見比べて、信頼できる業者に古銭の査定を依頼してはいかがでしょうか。

古銭買取.net

古銭とは、昔使用されていた「古いお金」のことです。 過去にお金として使用されており、現在は使用されていない貨幣および紙幣のことを古銭と呼ぶのです。

現在では古銭のコレクターが減少する傾向があり、古銭の買取相場は低下傾向です。状態が良買ったり、希少価値がある古銭は当然ですが、少し古くて汚れていても、それなりに美術品としての価値を見い出している収集家の人も存在するので、多少汚れがあっても高価な古銭買取が期待できます。

この古銭には、記念式典などのイベントのために発行された古銭や記念コインなども含まれます。 国際的、もしくは国家的な行事等のときに記念コインなどが発行され、その記念コインも古銭買取業者に買い取ってもらうことができるのです。一口に記念コインといっても買取額には大きな差異があって、昔の東京オリンピックで発行された記念コインは額面以上の価値はあまりつかないのが古銭買取相場の現状です。

しかし同じオリンピックでも、長野オリンピックで発行されたコインは東京オリンピックと違って、人気が高い傾向があります。 その他には皇室関係の記念硬貨等も人気が高く、「天皇陛下ご在位記念一万円金貨」は実際の額面の約7倍という価値がついています。

基本的には、上記の物以外にも普通の古銭とは違いがある物として、「何らかの記念となる出来事のあった年に製造されたお金」も古銭買取相場として高価になり、古銭となりうることもあります。

そのため、古銭のモノによって古銭買取の相場においてはプレミアが付いて高価になる傾向があるのです。 もちろん、この他にも高価な古銭や、記念コイン、記念硬貨は数多くあり、非常に高額で取引されている記念コインなども存在しています。

結局、なぜそんなに人気があって、プレミアがついたりするのかについては人によって意見が分かれますが、「古銭を通してその時代に思いを馳せる」というのが最大の魅力だといえるでしょう。

古銭の豆知識色々

希少価値の高いプレミア硬貨の種類と特徴について

額面以上の価値が付く希少価値の高いプレミア硬貨と呼ばれるものも流通しています。そんなプレミア硬貨の種類と特徴をご紹介します。

製造エラーによるプレミア硬貨

製造エラーによるプレミア硬貨とは製造過程のミスによる不良品が、そのまま市場に流れたものです。 製造エラーによるプレミア硬貨は何種類も存在します。特に希少性が高い種類が穴なし・穴ずれと呼ばれる製造エラーです。これは5円玉と50円玉のみに発生するエラーです。基本的に穴ずれは中心部からのずれが大きいほど希少性が高くなります。穴なしは硬貨の穴が埋まっているエラーで、更に価値が高くなります。この他に製造エラーのプレミア硬貨の種類として模様の位置がずれているズレ打ち、表と裏で模様がずれている角度ズレなどがあります。

発行年度によるプレミア硬貨

硬貨の発行枚数は毎年異なるので、発行枚数の少ない年度の硬貨はプレミア硬貨として取引されます。発行年度よるプレミア硬貨は何種類も存在し、硬貨の種類で年度も異なります。

例えば1円硬貨は平成12~14年度は発行枚数が少なかったので希少性が高いです。5円玉は平成22~25年度の発行枚数が少なかったのでプレミア硬貨として取引されます。10円玉、100円玉は硬貨の中でも発行枚数が多い種類なのでプレミア硬貨とはなりにくいです。50円玉では昭和62年のものがプレミアが付きやすいです。造幣局は毎年、硬貨の発行枚数を公表しているので、それを頭に入れておけばプレミア硬貨を手放さずに済みます。

記念硬貨はプレミア硬貨?

記念硬貨とはオリンピックなどの大きな行事を記念して発行される硬貨のことで、発行枚数が限定されています。記念硬貨の種類には主に金貨と銀貨の2種類があります。 記念硬貨は発行枚数が限定された種類が大半ですが、だからと言ってプレミア硬貨になる訳ではありません。やはり、発行枚数の少ない記念硬貨の方が希少性が高いのでプレミア硬貨として取引される確率が高くなります。同じ種類の硬貨でもデザイン性の高い硬貨は、プレミア硬貨として取引されます。例えば、地方自治法60周年記念の硬貨は北海道の硬貨が最も人気で他の地方より価値が付いています。

希少!プレミア紙幣の種類ってどんなもの?

プレミア紙幣というものはご存知でしょうか。紙幣の中でも希少価値が高い、希少価値があると言われているもので、普段過ごしている分にはまるで気にならない、気にしない事がとても高い価値のある紙幣だった、という事があるのです。ではどんな種類があるのか、それをまとめました。

紙幣に書かれているアルファベット、そして数字

まず、持っている紙幣がプレミア紙幣かどうか、確かめる方法として書かれているアルファベットと数字が鍵となります。紙幣を見てみると、左上と右下にアルファベットが書かれていることが確認できるでしょう。これを見合わせて、組み合わせを見て、その組み合わせの種類で希少価値のあるものかどうか、いわゆるプレミア紙幣かどうかということを判断するのです。

またこの組み合わせで、プレミア紙幣と言われる中でも更に高価な種類があります。逆に言えばピンからキリ、価値があるものでも微々たるものということもあり、ものによっては数百円から千円程度となります。しかし高い価値のものは本来の紙幣の持つ金額以上の価値がある紙幣となるので、組み合わせの種類は重要視されることなのです。

プレミア紙幣、どんな組み合わせがあるのか

プレミア紙幣のアルファベットと数字の組み合わせの種類、例えばどんなものが高い価値があるものと言われるのか、その種類は複数あります。簡単にプレミア紙幣になりえる、と言われている種類の組み合わせが「AからA」と言うように頭とお城が同じ、かつ一文字であるものです。例に上げたものですと、「AAからA」など連続しているものには価値はありません。しかしこれでプレミア紙幣と呼ばれるようになるのは次の世代に作られる紙幣が、発行されるようになってからで数百円から千円程度のものなのです。

その他アルファベット以外に数字が全てゾロ目であったり、階段上になる番号であったり、また10万で割れる数、一桁の番号である事も重要になってきます。上記に記しましたアルファベットにこの数字が揃ってようやく価値のあるものになるのです。

紙幣の状態はしっかりと、そして旧札などは……?

いくらプレミア紙幣であっても、アルファベットと数字の番号などの組み合わせの種類が価値の高いものであっても、紙幣の状態が悪いとプレミア紙幣の価値は当然下がってしまいます。また、旧札などは、それだけで価値が上がるのではないか、と思われることもありますが、実は価値は全く同じなのです。先に記しましたプレミア紙幣の条件を満たしていなければ、ただの普通の紙幣なのです。

とはいえ状態が悪い、古い、などの中でも、印刷ミスや、よほど世の中に残っていないような紙幣は別です。世に出回っていなかったり残っていないようなものは、それだけでも価値のある紙幣と呼べるのです。それもまたプレミアである種類の条件の一つであり、組み合わせの種類以外に価値のある紙幣とされるものでしょう。

↑ PAGE TOP