古金銀は流通していた

表題画像

古銭買取.net|見逃すな!どこよりも満足できる!業者ランキング TOP古銭の種類は色々 >古金銀

古金銀を知ろう!

江戸時代の通貨は、交易をおこなう商人を中心に"秤量貨幣"が一般的に流通していました。これは大小織り交ぜた金もしくは銀の重さを代金とした物です。 この場合、1つ1つのサイズに規定はありませんでした。そのため例えば同じ慶長丁銀でも見た目は同じようなのに、並べて見るとやや小さかったり、細めだったりということがよくありました。 また各地域によって金や銀の価値が少なからず変化していたため、購入者と販売者の力関係が少々いびつだった感のある史実が伝わっています。

一方、庶民の間では豆板銀と呼ばれる、もっと小さな銀の粒が流通していました。豆板銀が、貨幣として使えるように極印を打たれており、露銀と呼ばれる0.1匁~10匁(1匁=3.75g)程度の銀の粒をそれぞれ財布の中に入れていたのです。1匁の重さをわかりやすく言うと、5円玉を手のひらに乗せたぐらいの感覚です。

時代が経つにつれて、貨幣の鋳造や印刷技術の向上によって、主流な通貨が"秤量貨幣"から"計数貨幣"へと移行していきました。と同時に様々な名称の計数貨幣が誕生しました。計数貨幣の中で有名なものは長方形の形をした一分銀や一朱銀です。

[写真]

当初は南鐐二朱銀が、金貨の通貨単位を担う計数貨幣として発行され、その後安政一分銀や天保一分銀のように様々な一分銀や文政南鐐一朱銀をはじめとする一朱銀が発行されていきました。そのなかでも古南鐐二朱銀大型や庄内一分銀と明治一分銀などは比較的高額買取になる可能性もあり、古銭をお持ちの方は一度査定してもらいましょう。

↑ PAGE TOP