大判・小判がザックザク

表題画像

古銭買取.net|見逃すな!どこよりも満足できる!業者ランキング TOP古銭の種類は色々 >大判・小判

大判・小判を知ろう!

日本の古銭の中で、ドラマや時代劇でよく目にする最も印象があるのは大判・小判ではないでしょうか。これらの正式な呼び名は「大判金」「小判金」という"計数貨幣"なのです。

この時代に商人の間で出回る主な通貨は"秤量貨幣"といい、重さによって価値が決められていました。それに対し「これ1つでこれだけの価値が保証される物」が計数貨幣です。 大判金・小判金は主に恩賞・贈答むけに用いられていたのですが、「判金」として一分金・一朱金など少額のものもあり、これらは一般的な人々の間でも使い勝手の良いものとして出回っていました。 交易の広がりに応じて、その土地によって価値が変動しやすい秤量貨幣よりも、数字や刻印に示された貨幣価値が保証された計数貨幣が全国的に流通したのは当然の流れと言えます。

[写真]

これら判金は、古銭買取業者やコレクターの中で安定した価値があります。 しかし時代によって額面もいろいろ、含有されている金属の量も異なります。 10量大判は等しい金額であるはずですが、かなり色味に違いがあるのが並べて見るとわかります。これは元となる金と合わせる他の金属の性質や割合が異なるのが理由です。とはいえそれらの状態を踏まえて、含まれる金の価値や施された文字、古美術としての造型の価値など多くの観点から査定されて最終的な価値に変化が生じます。全体の打目や花押と言った地金部分の状態、墨書があればそれがどのくらい鮮明に残っているか、使用感も含めてとても大切な要素となるのです。もし価値が不明な大判や小判がお持ちなら、まずは類似を探してみるのも手ですが一度価値の確認だけでもしてみたらいかがでしょうか。

↑ PAGE TOP