記念コインは思い出に

表題画像

古銭買取.net|見逃すな!どこよりも満足できる!業者ランキング TOP古銭の種類は色々 >記念コイン

記念コインを知ろう!

いろいろなイベントの記念に鋳造・発行されるコインは一般的に「記念コイン」と呼ばれています。1つの出来事を記念して発行される複数枚のコインを1つのセットにして販売されることも多く、きれいな専用ケースのまま保管されることも多いです。当然、デザインや素材等は様々です。「プルーフコイン」、「プルーフ貨幣」は、このような収集目的の方向けに特別に加工を施したものです。特徴として硬貨の表面を鏡面のように磨くことで模様をより美しく引き立てたものです。たまに「ミントセット」と呼ばれますが、ミントセットは造幣局が完全に未使用の現行通貨である貨幣をプラスチックケースに納めて販売しているものなので、少し違います。これらには特殊な加工は施されておりません。

[写真]

イベントや式典等に合わせて発行される記念硬貨には、たいていはそのイベントに関連したデザインが施されています。例えば1998年に開催された長野オリンピックの記念硬貨は、白銅貨・金貨・銀貨それぞれ別々の競技の表面、さらには県花や県獣、県鳥といった地域色のあるモチーフの裏面が採用されているのが特徴です。コインのコレクターでなくとも視覚的に楽しめる記念硬貨はとても素晴らしいものです。

その他国内のみならず、海外にも様々なコインが存在しています。それらの中でも特筆すべき点は、金以外で出来た硬貨の価値でしょう。カナダのプラチナメイプルリーフコイン、オーストラリアのコアラ柄のプラチナコイン等は需要が高いです。金貨と同じ価値、もしくはそれ以上とされるプラチナコインは、とても貴重なものなので、一度査定をしてもらうと価値がわかるでしょう。

記念コインの種類は多岐に渡る

記念コインの種類は国際的なイベントはもちろん国内のイベントにも発行されるなど多岐に渡ります。どのような事が記念コインとなるのか、紹介していきます。

世界的スポーツイベント

記念コインの種類を語る上でオリンピックの存在は見逃せません。記念コインの始まりは1964年の東京オリンピックが最初の為です。その他にも札幌オリンピック、長野オリンピックと日本でオリンピックが開催されると必ず記念コインが発行されていますし、当然種類もその都度違うデザインです。 オリンピックのみならず、第12回アジア競技大会やFIFAワールドカップなど世界規模のスポーツイベント開催時にも発行されています。世界的なイベントは多くの国と地域が注目するので、その開催国となるのは誉れ高いことです。故にそれを記念して様々な種類のコインが発行されます。

国内のイベント

記念コインの種類として国内のイベント関連も多いです。青函トンネル開通記念・瀬戸大橋開通記念・関西国際空港開港記念・中部国際空港開港記念など何らかの始まりを祝福した記念コインがあります。これらは世界のニュースで大々的に取り上げられることではありませんが、これからの日本を更に発展させる出来事として喜ばしいことです。 その他の記念コインの種類として、内閣制度創始100周年記念・裁判所制度100周年記念・議会開設100周年記念などその種類は多岐に渡ります。沖縄復帰20周年記念など領土問題に関することも記念コインになります。

肖像貨幣に対する考え

これまで日本の記念コインの種類はもっぱらイベントなどに限られており、欧米のように人物が記念コインになることはありませんでした。コインは基本的に人の手垢にまみれ、経年と共に黒ずみも発生します。すると人物の顔が汚らわしい状態となり、失礼にあたると判断される為です。東アジアでは硬貨はみすぼらしい物という意識も強く、それに偉人を描く訳にはいかないという根端です。 しかし、2010年の地方自治60周年記念の硬貨で、坂本龍馬が描かれたのを筆頭に大隈重信の肖像貨幣が登場しその種類は今後増えると予想されています。記念コイン最初の発行から約50年が経った2010年に転換期を迎え、その種類は幅広くなります。

↑ PAGE TOP