金貨の輝きに歴史あり

表題画像

古銭買取.net|見逃すな!どこよりも満足できる!業者ランキング TOP古銭の種類は色々 >金貨

金貨を知ろう!

あらゆる記念ごとに鋳造・販売されるため、日本での金貨というもののイメージは"記念コインの一種"という考え方が強いです。

違いがあまりないように見える金貨ですが、本質は違います。実際それぞれの価値にもかなりの開きがあるのです。なぜなら金貨を買取に出す場合、金貨の希少性と状態、そして金の含有量といった様々な観点で査定が行われるためです。 結果として、買ったときの金額が同一であっても、売るときには同じ金額で売却できるというわけではないのです。しかし金貨の場合、基本的には含有量に応じた価値になりますので、一度査定してもらうのがよいでしょう。

つまりは、例え金の含有量が低い物であっても、その希少性や状態によって含有量を超える価値が存在することもあります。 現在人気が高いのは長野オリンピック記念金貨、天皇陛下即位記念金貨や外国の金貨です。 天皇陛下即位記念金貨は、ご存じの方も多いのではないでしょうか。鳳凰が大きく翼を広げた姿と菊花紋章で表裏が構成されています。 長野オリンピック記念金貨は、日本国の大きなイベントの記念金貨ですので、ある程度の枚数が発行・販売されましたが現在も状態の良い記念金貨を求める方が多いのが特徴です。外国の金貨は金貨のコレクターだけでなく、それ単体の一枚だけでもインテリア等の一部として楽しむ方も多いようです。日本にはない海外特有のデザインも人気を集める理由の一つです。

↑ PAGE TOP