価値のある古銭は驚くほど高価買取になる

表題画像

古銭買取.net|見逃すな!どこよりも満足できる!業者ランキング TOPはじめての方へ >あなたの古銭の価値は?

古銭とは古いお金のことで、今はもう造っていない昔の紙幣や貨幣、何らかの記念やイベントのために造られた貨幣のことをさします。お金として一般的に定着したのは江戸時代からのことで、初めて造られた貨幣は和同開珎と富本銭という貨幣で、古銭の中でも一番古くて高価な逸品です。

古銭のコレクターの間で特に相場が高くて高価なものは、例えば昭和7年発行の20円金貨で、造られただけで流通しなかったため全部で68枚しか製造されてない超レアなものです。これがオークションのときに1枚800万円以上の高額で落札されました。

記念コインとは、記念になった式典やイベントのために数としては多く製造されるコインのため、あまり高価な値段がつくことはありません。しかしそのイベントの思い出や自分が生まれた年ならば、記念コインとして自分だけの大切な記念コインになると思います。 さらに古銭の種類の中で有名なものは寛永通宝、一分金、1分銀、一両小判、十両小判等があり非常に人気があります。

古銭の相場においてはただ単に古いだけではなくて、使用されたものもしくは全くの新品かもしれませんし、製造番号によっても相場が変わってきます。例えば番号がゾロ目だと、その古銭の種類などの違いで想像よりも高額になることもあります。

古銭の買取を申し込む前に、手元にある古銭が実際にはどのぐらいの価値があるのか気になるものです。もちろん、査定員に鑑定してもらえば相場に応じた金額を提示してもらえるのですが、その前にある程度の金額を知っておきたいというのが本音です。

そこで、自分が持っている古銭を分かる範囲で調べてみると、天皇陛下御即位記念10万円金貨が買取価格130,000円となっていました。これは自分で買ったものではなく遺品整理をしていたらでてきたものです。元々高価なものですが、その金額に応じた買取価格に納得しました。

[写真]

さらに調べてみると、近代金貨が高額で取引されていることを知りました。さすがに明治や大正時代のお金はなかったものの、昭和初期の新20円金貨や新5円金貨には驚くほどの高値がついていました。例えば、昭和5年の新20円金貨は、400万~500万円で買取されていたのです。古銭をひとつずつ見てみましたが、これほどまでの希少価値の古銭は見当たりませんでした。

[写真]

それから地方自治法施行60周年記念貨幣もそれなりの値段で取引されていました。地域によって同じAセットでも買取金額に違いがあるようなので、特に高値で取引されている岩手Aセット平成24年貨幣があるかどうか、手元の古銭をチェックしてみてはいかがでしょうか。

↑ PAGE TOP