古銭を少しでも高く買取ってもらうためには

表題画像

古銭買取.net|見逃すな!どこよりも満足できる!業者ランキング TOP知っておくべき事 >古銭のクリーニング・1

なんとなくイメージ的に、あまり汚れている古銭は査定額が低くなってしまいそうと思われがちです。確かに、汚いものよりも綺麗なものの方が見た目にも美しさを感じます。しかし、手元にある古銭を安易にこすったり汚れを落とすようなことはやめましょう。なぜならば、それがきっかけとなり古銭の価値が下がってしまう場合があるからです。

実は、ビンテージものは、高価買取が可能です。ビンテージ物というのは、その汚れがいい味を出している場合があります。その風合いが古銭の価値を高くしてくれることもあるのです。古銭の価値がわからない場合、ついうっかりティッシュやウェットティッシュなどで綺麗にしたくなる気持ちもありますが、そこはプロの査定員にお任せしましょう。

[写真]

もしもクリーニングが必要だとしても、古銭の扱いに慣れているプロに任せるのが賢明です。古銭買取業者は、古銭に精通しています。どんな手入れをすれば古銭に傷をつけずに綺麗にできるかは熟知しているのです。もちろん、汚れをそのままにしておいたほうがいい価値のある古銭の場合は、手を加えたりしません。

素人が綺麗にしようとすると古銭に傷が付いたり、かえって汚れが溝に入ってさらに取れにくくなることも考えられます。古銭の手入れはせず、そのまま査定に出しましょう。

古銭は、流通、使用されていた時期によって大きく価値が変わります。古銭の歴史や買取価格について調べてみました。さらには歴史的に古いという価値のみならず、流通している数等の価値も古銭買取価格には反映されます。

古銭の査定において、どの時代のものかによる判断や歴史的な価値もかなり重要です。 査定は、業者によっては持ち込み査定のみならず、出張買取による査定もしている業者もあります。買取してもらわずとも、どのくらいの価値があるものなのかを知るために査定のみしてくれるところがほとんどです。 しかし査定に出す前に、汚れているからといって古銭を洗浄しないように注意しなければいけません。 薬剤によって古銭の“質”が変化してしまう恐れがあるので、青サビが付いていてもそのままにしておく方がよいでしょう。古銭は古い時代に製造されたこと自体に価値があるで、そのままの状態で査定に出しましょう。

一般的には人類の文明の始まりは紀元前4000年前です。歴史に必ず出てくる貨幣ですが、日本最古の古銭である「富本銭」を始まりとして急速に発展した貨幣文化により、多くの古銭が流通しました。この流通した時期や数などによって古銭の買取価値は大きく変わってくるので、古銭の買取においては豊富な知識が必要となります。

古銭

中でも、江戸時期は長く安定した時代が続いたことで、貨幣文化は最盛期を迎えました。質の良い古銭が多く造られたことで、たくさんの江戸古銭が歴史上存在しています。江戸古銭だけで1000種類以上あるともいわれ、専門的な知識が査定には必要となるわけです。製造時期が古くても、現存数が多い古銭は、古銭買取の価格がどうしても低くなったりもします。

↑ PAGE TOP