紙幣も高値で取引されることがある

表題画像

古銭買取.net|見逃すな!どこよりも満足できる!業者ランキング TOP高値のつく古銭を知る >古い紙幣のびっくりな価値は?

古銭の買取と聞くと、貨幣やコインなどを思い浮かべますが、紙幣にも価値のあるものが存在します。びっくりするほど高価な値段で買取されるものもあるようです。

例えば聖徳太子の1,000円札です。お札に印字されている番号によって、さらに未使用であれば高額買取が可能になります。聖徳太子の1,000円札で番号が1桁、未使用で5枚連番だと9万円の価値があります。下は1,000円が5枚で5,000円ですから、かなり付加価値が付いていることになります。同じ聖徳太子で、番号が1桁、未使用、50枚連番だと70万円の価値があります。

聖徳太子つながりでいうと、聖徳太子の一万円札は、保存状態がよければ14,000円前後で取引されているようです。また、未使用であれば17,000円とさらに高値で買取をしてもらえます。現代に近いものを見ると新渡戸稲造の5,000円札は13,000円前後、旧福沢諭吉の1万円札は19,000円で買取してもらえるようです。

[写真]

このように、古銭業界では紙幣も大変価値のあるものが存在します。整理していたら貨幣と一緒に紙幣も出てきたという場合は一緒に査定に依頼しましょう。個々で査定してもらうより、まとめて査定してもらうと高価買取になる可能性も多いようです。

現代人が当たり前のように使用している紙幣・・・その中でも日本最古の紙幣について探ってみました。 古銭は古ければ古い程価値があるとは限りません。 一般的な古銭の価値を判断する基準は、偽物か否か、素材、大量生産、大きさなどがあります。古銭はさらに価値を高めるために、キズや汚れがつかないようにする等、保存する状態もかなり重要なポイントです。 日本最古の紙幣である「山田羽書」がその中でもわかりやすい例です。1600年頃から260年以上流通しました。 実際には130万枚も出回ったと言われています。 歴史的な紙幣ではありますが、希少価値が高いわけではなく、収集家が欲しがる古銭とは少々違っていて市場価値が高はないのが現状です。

前述したように日本最古の紙幣は、「山田羽書」と呼ばれるものです。西暦1600年頃に現在の三重県伊勢市において使用されたということがわかっています。 当時、関西方面では大きな貨幣が流通していましたが、重い上にかさばるためにかなり不便な代物でした。 そのため伊勢に住む商人たちはこの貨幣の代わりとして、釣り銭の金額を紙に記して発行するようになりました。これが「山田羽書」の始まりと言われています。「羽書」とは「端数の書付」の意味から名づけられました。 紙幣は最初、地域ごとに流通していましたが、徐々に全国的に流通する商人札へと拡散し、さらには藩札へと発展していきました。

山田羽書

このように、日本最古の紙幣は最終的には公に認められるのですが、明治維新の後、つまりは1871年以降、「廃藩置県」や「藩札処分」が下されたことによって衰退していきました。 その後、藩札が政府紙幣にとって代わり、日本全国のお金として確立されたのです。 最初に「山田羽書」が登場してから250年以上が経過しましたが、明治維新の後に明治政府が回収命令を出し、1873年までにはほとんどが回収されたようです。 日本最古の紙幣はこのようにして流通しなくなり、現在の紙幣へと進化していったのです。現在は博物館に「山田羽書」が現存しています。

↑ PAGE TOP